sohtaのSOHO

Quick Adsenseを使って忍者AdMaxを全記事一括管理しよう!

[記事投稿日] time 2016/07/23

[最終更新日] time 2017/01/05

Quick Adsenseを使って忍者AdMaxを全記事一括管理しよう!

今回は『PV報酬が発生しない忍者AdMaxの広告を貼ってたわorz』の続きといった感じで、忍者AdMaxのこれからの運用方法の考察をしてみました。

僕はQuick Adsenseを使って忍者AdMaxを全記事一括管理しています。若干の不安はありますが、非常に便利なプラグインなので皆さんも使ってみてはいかがでしょうか?

忍者AdMaxの考察

実際に僕が行っている事を書いていますので参考にしてみてね。

記事内に貼ればクリックされやすい?

-shared-img-thumb-MJ86_nakinoryu15151632_TP_V
タイトルにもある通りお金が欲しくなってきたので、忍者AdMaxを皆が読んでくれる記事内にも設置する事を決定しました。記事自体が読みにくくならない様に、記事の終わりの所(いいね!ボタンの上)と記事の始まりの所に2個を貼る事にしました。

記事内に貼る事によって読者の目に付きやすくなるので、クリックされる可能性が上がるのではないかと妄想を膨らませています、デュフフ。記事下はクリック率が高くなりやすい場所という事がネット上で言われているんスよね。

今まではサイドバーだけだった

これからは記事内とサイドバーの3箇所に広告が貼り付けられる事になりますが、実はこれまでもサイドバーには設置されていおりました。記事の邪魔にならない所がいいなぁと思ったらサイドバーしかありませんでした。

PCから見ている方は記事をスクロールすると、一緒にサイドバーも目に入っていたと思うのですが、スマホからこのブログを見るとサイドバーは記事のずっとずーっと下でした。だからスマホから見てくれる人は広告の存在すら知らなかったのではないでしょうか。

さらに広告を貼っていた位置もサイドバーの中で最も下でしたので、本当にサイトの一番下です。ここまでスクロールしてくれる人はいなかったでしょうね。実際にクリックされた件数も0(ゼロ)でしたので、見られていなかった事は確定的です。

見られなくては広告主としても意味が無いし、何よりもクリックされないと僕の懐が暖かくならないのが、何より痛いですなw。

PV報酬を受けれていなかったorz

-shared-img-thumb-YUKA150922210I9A6877_TP_V
コレは完全に勉強不足で悔やんでいますが、今までサイドバーに貼っていた200×200というサイズの広告はPV収益が発生しない物だそうです。推奨サイズって書いていあったし大きさもちょうど良かったから選んだのですが、結果的には大失敗でしたね(;^ω^)

まあその教訓を生かして現在では記事の終わりに300×250を、記事が始まるところには468×60を、サイドバーには160×600というサイズの広告を掲載しています。

468×60はPV報酬が高そう!

-shared-img-thumb-YUKA160113194303_TP_V
邪魔にならないようだったら、最初にくる見出しの下あたりに468×60の広告も入れようかなと思いました。なんでかというと、まだサンプルが少ないので断定はできませんが、468×60が全サイズの中で最もPV報酬が高そうだからです。

まあそれ以外にも468×60を推す理由があって、僕のブログでは728×90を本文中に入れると上手く表示されない場合があるんです。縦長の160×600は記事内に入れる訳にいかないし、300×250は記事の最後に表示する設定にしているので同じものを使うと全く同じ広告が表示されてしつこくなる可能性が高いのです。

記事内への挿入はQuick Adsenseを使っています

Quick Adsenseとは

記事毎に設定する手間がなくなるプラグイン

忍者AdMaxはコンテンツマッチ型の広告ですから他の広告のように選ぶ必要がないという手軽さも売りの1つであります。その手軽さを最大限に利用するためには、貼るという行為も省略したいわけであります。

どの記事でも同じ位置に表示したい場合に、毎回広告のコード(プログラム)を貼り付けるという行為を代行してくれるのがQuick Adsenseというプラグインであります。

一括で管理が出来る

記事ごとに手作業で広告を貼っていると、このサイト上から全ての広告を消したいという時に作業量が半端ないです。僕のブログはまだ100記事程度ですから、1日あればやり切れると思いますが企業が運営している大規模なサイトになると、1,000記事を超える物もたくさんあります。

しかしQuick Adsenseを使っていれば一気に消す事も出来るし、5年間かけて書いた2,000記事全てにもワンクリックで広告を挿入する事もできます

設定できる場所も豊富

記事の最初・中間・終わり・moreタグ(続きを読む)の位置・最後の段落の前・指定段落の後(例:2つ目の段落の後)・指定画像の後(例:4つ目の画像の後)などたくさんあります。

もちろん記事毎に位置を自分で設定する事も出来ますし、非表示に設定する事も出来ます。この記事は前半に画像を多く使っているから広告は終盤に持ってきた方がバランスが良いなとか、この記事は他の広告がメインだから表示したくないなという時に役立つ機能です。

僕の場合は他のASPの広告を貼ってある記事には、忍者AdMaxを表示しないよう設定してあります。何かを売りたい記事にはその広告が3つくらいは貼ってあるので、忍者AdMaxも貼るとしつこくなると思いませんか?

Quick Adsenseの使い方

表示する広告数と場所

Quick-Adsense広告数と場所
赤い四角の部分で1ページ表示する広告の数を決めます。忍者AdMaxの場合は1ページに何個表示しても規約違反にはなりませんが、3つ以上貼りつけるとバグって変な文字だけが表示される事もあるようです。またGoogleアドセンスだと、1ページに3つまでしか表示してはいけない規約らしいですね。

グリーンの四角の中ではどこに表示するのかを決めます。僕はこれから多少変更があるかと思いますが、上から3つしか使わないと思います。上から投稿(記事)の始まり・真ん中・終わりといった場所になっています。左端にチェックを入れると表示されるようになります。

Ads1やAds2というのはこの後で設定する広告の種類になります。忍者AdMaxの場合は同じサイズを複数設置すると、全く同じ業者の広告が表示されてしつこくなってしまう可能性が結構高いので、僕はサイズを変えるよう設定しています。

ブルーの四角ではどんな種類のページに表示するかを設定します。チェックを入れたページに表示されるようになります。Disable AdsWidget on Homepageはサイトのトップページのウィジェット(このブログで言うと右側のサイドバー)には表示しないようにするという意味‥だと思う。

一番下の行はワードプレスにログインしている時は表示しない様にするって意味だと思うのだけど、これにチェック入れる意味が分からないのだが‥。自分で確認できなくなってしまうよね?

広告のコードを入力する

Quick-Adsense広告タグを書き
先ほど出てきたAds1の設定をします。ここで入力したコードがそれぞれの記事に自動で挿入される事になります。僕はAds1に468×60を入力して記事の始まりの所に、Ads2には300×250を入れて記事の最後の部分に表示されるように設定しています。

最終更新が3年前!

-shared-img-thumb-ELLY15071557_TP_V
Quick Adsenseは非常に便利なプラグインなのでこれからも使っていきたいのですが、結構大きな問題もあります。それはここ3年間更新されていない事です。ネット上には文字化けをするといった問題点も見られますのでできれば更新していただきたいのですが‥。

更新が無い事で発生する最大の問題はセキュリティだと思います。この3年間でハッキングする側の能力は恐ろしく進化していると思われるので、サイトを運営する側もそれに応じて進化していかなくてはなりません。

ですので、セキュリティ面を考えるのならば同じ様な機能を持った他のプラグインを探した方がいいのかな?と思っています。何かオススメのものがあったら教えてくださいm(__)m

まとめ

468×60はPV報酬が高そうなので、記事が始まるところに表示するようにしました。見にくかったらスミマセン。でも一番邪魔にならなそうなサイズを選んだから勘弁してね💛

Quick Adsenseは全記事の広告を一括で管理出来るという魅力がありますが、更新がされておらずセキュリティ面で不安が残りますので、他に似たようなものがあれば移行を考えています。とりあえず今月は忍者のおかけでアフィリエイト収入0円を脱出しそうです。

いっても数百円だろうけれど(;^ω^)

↓関連記事↓

2017年の抱負はしっかり稼いで健康に過ごすこと
今年の抱負や目標を書きます。2017年の大きな目標は、優先度が高い順番で①とにかくアフィリエイトを継続する②アフィリエイトで生活できるだけの収入を得る③健康を維持する④ワンチャン彼女を作る。って感じです。... 【続きを読む】
バリューコマースASコンテストで新人賞を受賞!『脱毛デレラ』と実質同等の評価!?(盛り気味)
... 【続きを読む】
nendを導入するんだけど‥「15日以内に100クリック」はキツい!
アドセンスの代替要員である忍者AdMaxをnendに替えようかな、と。ネットの情報が2年前とか、結構古いから最新の情報を伝えられたらな、という気持ちも少なからずある。nend(ネンド)の軽い紹介、当ブログではどこに貼る?、A8の成果条件キツくない?、という構成です。... 【続きを読む】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

down

コメントする




CAPTCHA


書いているのはこんな人

sohta

sohta

彼女いない歴=年齢=27。ロードスターに乗りながら?筋トレもしています。月曜日と金曜日は17時に必ず更新!記事執筆依頼等のお問い合わせはtwitterのDMでお願いします。 [詳細]

ランキングに参加しています

にほんブログ村 その他日記ブログ 20代男性日記へ 

楽天