ブログの書き方

ブログにインスタグラムの写真やYouTubeの動画を埋め込んでみよう

投稿日:2016年6月23日 更新日:

これまで文章の引用の注意点やツイートの埋め込みについては書いてきました。しかし現在では世界的に見てもYouTubeのような動画メディアや、インスタグラムといった写真投稿サイトが非常に盛り上がってきています。今回はこの2つに焦点を当てていきたいと思います。

写真や動画を紹介するメリット

華やかなサイト作りには必要

画面上を華やかにしたい時に、写真や動画があるといいですよね。言いたいことも伝わりやすくなるし一石二鳥です。しかし写真や動画を掲載するには著作権という難しいものをしっかりと理解し、違反しない方法で引用しないといけません。これについては後で説明します。

引用というのは、何かを説明する時にその例などを借りてくるって認識でいいと思う。

自分では撮れない

じゃあ自分で撮ればいじゃんって思う?確かに法律を気にしなくていいし、オリジナリティがあるから人を惹きつけやすいと思う。でも僕はアーティスティックな才能が乏しいので、カッコいい写真を撮るのが苦手です。

自分の好きなものをシェアできる

SNSを使うと自分の友達にしか紹介できませんが、ブログならもっと多くの人に知らせる事ができます。どちらかというとSNSはジャンル自体に興味があった人に伝えやすい、ブログはあまり興味がなかった人にもって感じでしょうか。アニメの布教活動をしたい人などにブログはオススメできます。

しかし、ブログなどのwebサイトはSNSのように双方向の繋がりを持つのが難しいですよね?でも多くの人に好きな物や人物を知ってもらいたいという気持ちは変わらないです。読者との対話が難しいからこそ、伝わりやすい画像や動画を使っての紹介がオススメなんです。

なんで埋め込み?

スクショして貼ったらええやん

やってしまいがちですが、スクリーンショット画像を貼りつけるのは一番やってはいけない事の1つです。まるで自分で作成した画像のような印象を与えてしまうからです。自分が苦労して撮影した写真や映像を誰かにパクられたらどう思いますか?いい気はしないですよね?

でも「この人から借りていて、この人はこんなサイトに掲載していました」とか「この動画は●●さんから借りていて、●●というYouTubeチャンネルをやっています」と書いてくれたら、運営しているサイトやYouTubeチャンネルの宣伝になるので悪い気はしませんね?

ルールを守らないといけない

上で書いたように紹介してくれればいいのですが、それにもルールがあります。(注)これから書く事がが全てではありません。重要な所だけを分かりやすく書いています。

1.出所を分かりやすくと書くこと。リンクを貼ってどこから引っ張ってきたのか、誰が作ったのかを書く。

2.自分のコンテンツと分けて表示する。文字の周りに色を付けたりして、自分が書いた文字や撮った写真と引用したものを区別できるようにする。

3.改変しない。文章だったら一文字も変えない改行も入れない、画像ならトリミングもコントラストも変更しない。って感じ

4.1次ソースを貼る。1.の誰が作ったのかが分かりにくくなるので、引用の引用はしないって事。

当たり前のことばかりなのですが、こうやって書くと結構面倒な感じですよね?

難しい規則を簡単にしたのが「埋め込み」

色々面倒なルールが誰にでも簡単に守れるようになるテンプレートが「埋め込み」という機能なんです。インスタグラムを例にしてみます。

韓国の地下鉄に緊張する おっさん

okamuradesuさん(@okamuradesu)が投稿した写真 –


お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村さんの写真です。これを見ると、右下の「Instagram」のアイコンで1.出所が分かります。枠線が引かれているので2.僕が書いた文章と差別化ができています。岡村さんが書いた3.コメントも画像もそのままですね。左上のアイコンから岡村さんの4.公式アカウントである事がわかります。

このように「1.出所2.差別化3.改変しない4.一次ソースである」という全ての条件をクリアしています。つまり公式の「埋め込み」という機能を使えば誰でも簡単にルールを守って画像を載せられるわけです。

YouTube動画も簡単に埋め込める


日本でも流行った曲「LMFAOのParty Rock Anthem ft. Lauren Bennett, GoonRock」です。これもただ公式の「埋め込みコード」を記事内に張り付けるだけでOKです。

注意点

ツイートの埋め込みでも書いている項目ですが、非常に重要なのでしっかり理解していってください。

1.元の画像、動画が著作権を侵害していない事。誰かの書いた絵を撮った写真や、ライブDVDをそのままアップロード動画などはそれが自体が違法なので、埋め込むことは当然ダメです。

2.公式のものである事。インスタグラムの場合は岡村さんの公式アカウント、YouTube動画もLMFAOVEVOという公式チャンネルの動画です。それらをパクってる画像や動画を貼っちゃダメって事です。

実際にやってみよう!

(注)これから説明する方法は、使用するブログサービスによっては使えない事もあります。

Instagramインスタグラムの場合

今回は僕のインスタグラムアカウントでやってみました。まずはインスタグラムのwebサイトを開いて、埋め込みたいものを見つけましょう。
インスタグラム全体画像
埋め込みたい投稿が決まったらクリックして大きく表示させます。そして右下の丸が3つ並んでいるアイコンを押します。
埋め込み方法その1
後は「埋め込み」をクリックして、表示されたコードを記事内に貼りつければ完了です。簡単ですね。

YouTubeも簡単です

YouTube動画埋め込み方法
①動画下の下部にある「共有」のボタンをクリック。
②「埋め込みコード」をクリック
③表示されたコードを記事内に貼りつける。

たったこれだけです。非常に簡単ですね。

まとめ

どちらもやり方さえ分かってしまえば、誰でも簡単にできる事が分かっていただけたでしょうか?しかも公式のツールを使えばルールを守りながらできるので一石二鳥やで!

最後に大事なことを1つだけ言って終わりたいと思います。埋め込みまくりはダメだよ?あくまでもこれらの画像や動画は補足でしかないので、あなた自身が作ったコンテンツの量を上回ってはいけません。

それでは皆さんこれからも楽しいブログを書いていきましょう。

↓関連記事↓

バリューコマースASコンテストで新人賞を受賞!『脱毛デレラ』と実質同等の評価!?(盛り気味)
... 【続きを読む】
漢字変換ストレスからの開放!Google IME(日本語入力)はいいぞ
標準のMicrosoftIMEの変換に凄くイライラしていたので、Google IMEに替えました。クッソ便利すぎぃぃぃ\(^o^)/って感じです。メリットは、①人名変換の正確さ、②英語への変換、③無料である、といったところです。とにかく固有名詞に強いです。... 【続きを読む】
最近のブログの変化と、これからやりたいこと
ブログを始めて、そろそろ1年です。アクセス、収益、デザイン、文章力、どれを取っても成長したと思いますが、改善点が他にもたくさんあります。最近変えたところを紹介します。あと、これからヤリたい事も書きます。... 【続きを読む】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-ブログの書き方
-, , , , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA