ブログそのもの

ドメインどこで取得する?

投稿日:2016年5月29日 更新日:

ドメイン取得前の下調べを先に読んでからこの記事を見ると、より理解が深まると思いますのでオナシャス。

もう少しだけ言葉の解説を‥

今すぐに、オススメするドメイン取得業者を書き始めたいのですが、前回の記事で書き足りない項目があったので、少しだけお付き合いください。

whois情報公開代行

YUKA160421000I9A2697_TP_V
ドメインを取得すると、取得した人の情報がそのドメインに紐づけられます。この情報はCMANなどで誰でも見る事ができます。何かトラブルがあった際に原因を特定しやすくするための機能だと思います。

公開される情報には登録住所やメールアドレス等の個人情報、公開すると後悔するものwも含まれています。それを書き換えてくれるのがwhois情報公開代行サービスです。お名前.comの場合は、情報が僕のものではなく、運営元であるGMOの情報に書き換えられます。

ICANN公認レジストラ

ZUB0415_sensyahasssyaen_TP_V
あなたが苦労して作ったサイトが突然ネット上から跡形も無く消えてしまったらどうしますか?信頼できない業者からドメインを取得すると、そんなことになってしまうかもしれません。

ICANNとは前回の記事に出てきた「アメリカに存在する1つのとても大きな非営利団体」の事で、世界中のドメイン関連の情報を管理している組織という覚え方でいいと思います。

レジストラとは、インターネッ上の住所にあたるドメイン名の登録申請を受け付ける組織。

引用元:IT用語辞典

ICANNにドメインの登録をするのに、僕たちでは直接やり取りできないので、それを仲介する業者さんといった認識でOK。

これから紹介する「お名前.com」や「ムームードメイン」などを運営するGMOは、この認定を受けていますので突然サイトが消えるといった大きなトラブルが発生する危険性は少ないと思います。

日本語ドメイン

このブログはsohta-soho.comといった、いわゆる普通のアルファベットを用いたドメインを使っています。しかし日本語を使ったドメインを取得することもできます。「個人事業主ソウタのSOHO.com」といった奇抜なものもOK。

メリットは目立つし覚えやすい、SEO面で有利に働くかもしれない事でしょう。デメリットはまだメジャーなものではないので、保守的な人は受け入れにくいところかな。

sohtaのオススメは2つ

whois情報公行サービスが無料、知名度が高く、扱っているドメインの種類も多いのでどちらかを選べば安心だと思います。

お名前.com




運営元はICANN公認レジストラのGMOですので信頼度高めでしょう。ドメインの種類も国内最高クラスで、キャンペーンが多く安価でドメインを取得できる事が多いです。

日本語ドメインも扱ってますので大体のドメインはここで取得できるでしょう。弱点としては、whois情報公行サービスがドメインを取得時に申し込まないと有料になってしまう点くらいかな。

ムームードメイン




運営元はGMOの子会社です。基本的にはお名前.comと一緒なのですが、こちらは「ロリポップ」というレンタルサーバーとの連携が強いという大きなメリットがあります。

設定が比較的簡単になるので、初心者はムームードメインを選ぶと安心でしょう。ちなみにこのブログのドメインもムームードメインで取得しています。なんてったって初心者ですから。

まとめ

無料ブログを使わずに自分でサイトを立ち上げるのも、そんなに難しく感じないでしょう?この後サーバーを借りたらもう準備完了ですからね!皆さんも気軽にチャレンジしてみませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-ブログそのもの
-, , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA