ブログそのもの

ドメイン取得前に下調べしたぞ

投稿日:2016年5月28日 更新日:

このブログも独自ドメインを取得しているのですが、これはB君が取ってくれました。ですが新しくドメインを取得する必要が出てきたので、今回はB君じゃなくて僕が取る事になりました。

それに向けてちょっとだけ調べてみたので皆さんに共有したいと思います。このブログは初心者向けだから、最低限必要なところだけ書いていくつもりです。

まずは出てくる単語を知ろう!

そもそもドメインとはなんぞや

ドメインとはインターネット上の住所という認識でいいかと思います。絶対に同じものは存在しません。アメリカに存在する1つのとても大きな非営利団体が全てを一括管理しています。

いやもっと具体的に言ってよ

申し訳ない。このブログ「sohtaのSOHO」で具体例を出します。http://sohta-soho.comのsohta-soho.comの部分をまとめてドメインと呼びます。Googleだったらhttps://www.google.co.jp。首相官邸ならhttp://www.kantei.go.jpですね。(赤字になっている所がドメインです)

ドメインは自分で自由に決められますが、先に取ったもん勝ちですので既に誰かが取得していた場合は、同じものは取れません。

ですが僕のブログのように-(ハイフン)等を使って、似たものなら取れるかもしれません。使える文字や記号は基本的には半角英数字(sohtaやyoutube)と、半角数字(0721)と、-(ハイフン)です。

どれがいいのか分からん( `ー´)ノ

ですよね(;^ω^)どんな文字を並べるかは皆さん次第なので、僕はトップドレベルメインについて話します。

トップレベルドメイン?初耳なんですけど?(# ゚Д゚)

うぇーい、そうでしたね。さっきの具体例でも既に出てきてます。「com」や「co.jp」や「go.jp」などがトップレベルドメイン。トップドメインとも呼ばれますし、TLDと略されたりします。

正しい意味でのトップレベルドメインとは、「co.jp」の中の「.jp」なのですが、一般的にトップドメインと書いてあったら「co.jp」のすべてをまとめて言う事が多いですね。なので僕もそのように表記します。

co.jpカッコいいじゃんコレで行こう!

んーちょっとキツイかも知れないッス。「co.jp」は企業向けのトップドメインなので、個人が運営するブログなどでは取得できない可能性が高いです。首相官邸の「go.jp」はさらに特殊なもので、日本の政府機関に関係するところしか使えません。

結局どれがいいんだ?

僕は今のところ「.com」や「.jp」や「.net」あたりの、メジャーな所を選んでおけば問題無いと思っています。基本的にはどれを選んでも大差ないと思うんですが、それぞれの違いを書いていきます。ドメインがSEOに大きな影響を与える可能性も高いようなので、あまりにマイナーなものは選ばない方が無難かな?

.com

「ドットコム」として近年はインターネットに限らずサービス名として利用される事が多くなった。語源は英語の「company」(企業)と間違われる事が多いが正しくは「commercial」(商業・商用)が語源である。

引用元:ウィキペディア

もともとは商用目的のドメインだったけど、今ではどこでも使ってるから気軽に使えますし、知名度が非常に高いです。世界的なものにしたい場合には強くオススメできます。これにしときゃ安心かな?と思います。

.jp

日本国内にいる人、組織にしか取れないドメインなので信頼性が高いと思います。日本のサイトである事を証明できるので、怪しい海外サイトに飛ばされる心配が少ないかな?と僕だったら思いますね。

日本の観光地のサイトを作る時とかも、日本のサイトだぞ!とアピールできます。ただし、他の2つに比べると値段はちょっとだけ高いです。

.net

作られた当初はネットワークインフラ関係に使用されていました。ですが現在では、インターネットに関係するほとんどのサイトに使われる、非常に一般的なものになりました。

まとめ




まあこんなもんかな。誰から買う?とか、日本語ドメインってどうなの?など、まだまだ書かないといけない事あるんだけど、次にします。これはすぐに書くよ!広告載せたいからな。

ところでTLD(トップレベルドメイン)ってTDL(東京ディズニーリゾート)っぽいよね。そろそろ僕と一緒に行きたいってお嬢さんが現れてもいいんじゃないの?(*´Д`)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-ブログそのもの
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA