ブログそのもの

twitterのルールが結構変わるみたい

投稿日:

大きな変更点は3つ
1.140文字にカウントしない項目を設けた
2.返信がフォロワー全体に公開される
3.自分のツイートをリツイートできるようになる

1.140文字にカウントしない項目を設けた

返信時のユーザー名

140文字の規制を緩和というニュースのタイトルを見て思ったのは、「もうそれ、つぶやきじゃなくて演説やん」でした。ですが真相は違うみたいです。”@ユーザー名”を文字数に含まない、画像や動画引用ツイートのURLもカウントしない。といった内容みたいです。

twitterのリプライ(返信機能)を使って多くの人と同時に会話をしていると、全員のユーザー名をつぶやき内に入れないといけませんでした。会話に参加する人数が増えていくと、つぶやける文字数が大幅に減ってしまうという現象が起きていました。今回の変更は文字数を圧迫してしまうユーザー名を140文字にカウントしないといったものです。

画像や動画引用リツイートのURL

自分で打った文字はカウントされますが、twitterが生成した24文字のURLは文字数に含まれなくなります。

2.返信がフォロワー全体に公開される

これまではAさんがBさんに返信をした場合、それがタイムラインに流れるのは、AさんBさん両方をフォローしている人だけでした。Aさんだけをフォローしている人に会話を見せたい場合は、ユーザー名の@の前に.(ドット)を入れるという方法しかなかった。それが「返信=フォロワー全体に公開」というルールになったというわけです。

鍵付きのアカウントはどうなんでしょうかね?見られたくない会話は全部DMでやれって事でしょうか。実装されてみてからのお楽しみかな。

3.自分のツイートをリツイートできるようになる

今まではスパム対策として自分の過去のツイートをリツイートできませんでした。でも自分のイイつぶやきをフォロワーにもう一度アピールしたい時ってありましたよね?過去のツイートを全部見てくれる人なんてそういないでしょうから。

再投稿というボタンが新たに設けられるようです。確かにメリットは大きいと思いますが、多くのユーザーが再投稿を連打しまくって、タイムラインの流れがより一層速くなりそうで心配です。

ちょっと短いんですけど、今日はこれくらいにします。これからワンチャンを求めて市役所に行ってきます。当たり前だけど、市役所みたいな所も若いお嬢さんが多くいらっしゃるのですね。みんな長めのスカートで清楚系な化粧でイイ感じでした。

はぁはぁ(*´Д`)している人がいたら、それは僕です。通報よろしくお願いしますw
↓通報ボタンはこちら↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-ブログそのもの
-, , , , , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA